[y22] ヨシミ22歳の読み方いろいろ

誰も話を聞いてくれないし、人間なんてもう信じない。

もうね、ぬるぽ。

 昨今の流れで、ここに(法律上の要件を具備しないタイプの)遺言を残しておくのも良いのかな、と思いました。
 大した財産もないので、争いになる事は無いし…。
 多くの人の目に触れたほうがいいかな、と思いまして…。

 わたしが死ぬと、まず、わたし宛のメールは、誰も開封しません。Googleがアカウントを削除するか、Googleがサービスを終了するまで誰も気付かないかも知れません。要注意です。家族はパスワードを知りませんし、さらに「二段階認証」を掛けているはずなので、もう、むりむり!
 それでもって、わたしが死ぬと、さくらインターネットのほうのサーバーは、程なく消失します。過去の「ストーキング」(と呼ばれる日記読解)を保存しておきたい方は、よろしくお願いします。また、「さくらのブログ」のほうのブログも消失しますので、よろしくです。つまり、2002~2015年の足跡が丸ごと消えます。よろしくです。
 誰かが気がついてネット上で噂を口にするかも知れませんが、「好青年管理人湯煙殺人事件」(下記参照)という10年以上前の過去の前例があるだけに、なかなか信じられないことなのでしょう。
 そんな感じで!(いつか遺言はちゃんと書くつもり。でも、財産がないのでネット向け!)


好青年管理人湯煙殺人事件とは

葉月ヒロタカさん(現・オンナスキーPさん)が亡くなったという虚報が流れた事件。2005年6月末に発生。
葉月ヒロタカさん(現・オンナスキーPさん)とは…ヨシミ22歳のこのブログのアイコンを書いてくださった(元)好青年です。今はお顔を存じ上げないので…。

好青年管理人湯煙殺人事件の私なりの経過のまとめ

http://anto.sub.jp/kanrininsatujinjiken.htm

ヨシミめも

http://y22.sakura.ne.jp/memo-log/200506.html

http://y22.sakura.ne.jp/memo-log/200507.html

 以下、「好青年管理人湯煙殺人事件の私なりの経過のまとめ」より引用しますと、

六月三十日
前日に引き続き情報を求める多くの方が雄島亭を訪れていたようです。
ですが、私は何も気付くことなく、普通に過ごしておりました。
バッティングセンターで空振りとか繰り返してました。はい。
ヨシミ様のサイトで「(名前は伏せます)さんが亡くなったってマジなんでしょうか…」という一文を見るも、サイトの管理人さんが突然死ぬなんていうのはありえる話だよなぁとかポテトチップスを食いながら思っておりました。
まさか自分がその当事者だなんて思いませんとも、ええ。
安否を問うメールはこの日も数通届いていた模様です。
そして、この日も私はメールアプリを起動いたしませんでした。もうね、ぬるぽ

 もうね、ぬるぽ
 というわけで、やはり、ネット上は嘘が渦巻く世界なので、おそろしいわあ。