[y22] ヨシミ22歳の普通の日記

単なる日記ですよ

KDR-101 love solfege 「The Centenary disc2 〜 Veneration 〜」の感想

 早速書かせていただきますね。
 でも、古い曲を知っている、というそんなわたしですので、昔の曲がいっぱい入っているCDの感想文を書いた方がいいかな、と…思いました。


KDR-101-01 landing on the earth

 ああ、懐かしい…。昔の(1997年の)バージョンよりもキーが2つ上がっています。
 KDR-003「19番目のアエティール」のトラック1なのですが、このCDはCD-Rで、同人誌とのセットになっていました。音楽もマンガも、というそのコンセプト。いいですよね。イメージが広がります…。
 コミックマーケット53で頒布されたものです。オリジナルの音楽で勝負するのが、まだ厳しかった時代です。YouTubeどころかGoogleも、まだなかった頃です。ホームページの容量は限られていて、音楽のデータも載っけられない…。そういう時代です。同人誌は、CDを手に取るいいきっかけになったのではないでしょうか。

 冒頭のイントロも非常に忠実で…忠実というかそのままで…でも、絶妙にブラッシュアップされていて…。現在のオーギュスト棒先生の経験と技量をダイレクトに感じます。そもそも、わたしなんか思い出補正で、ついつい1997年バージョンと比較してしまうのですが、やっぱり音楽的にとても解像度が上がった、と言いますか。作曲者の訴えたいところがビシッと伝わってくる感じがします。

 わたしがこのCDを買ったのは、たしか2000年の2月頃です。
 いまこの曲を聴いても、あの頃を忠実に思い出すのです。本当に本当に。東北新幹線に乗りながら、また、特急スーパーはつかり(当時あった特急列車)に乗りながら聴いていたことを、いま、ありありと思い出します…。
 何かこう、新しく一歩踏み出す、と言いますか…。その気持ちはいまも変わらずに思い出せます。


KDR-101-02 wish

 KDR-015「私立成崎学園」という、とんでもない同人CDが出たのは1999年12月24日。ミレニアムを控えたクリスマスコミケのことでした。ふつうはクリスマスイブにコミックマーケットは行われていませんでした…。

 「私立成崎学園」はドラマCDになっていて、音楽も入っていて…とてもよかったです。このCDのためだけに、クールオンラインに宣伝用のホームページが作られたりしてた記憶があります。
 その、クールオンラインも2012年にサービス終了…。

 そういう感じでリリースされた「私立成崎学園」ですが、どの曲がよかったか、という人気投票が行われたのでした。「私立成崎学園」の中には他に「Miss Rain」というあのバラードの名曲も入っていまして…。
 「wish」とどっちが勝ったのか?
 結論から言いますと「成崎学園中等部校歌」が1位。
 …え?
 「バラードが2曲あったので、票が別れてしまったようですよ」という話を、2000年春のM3というイベントで聴きました。
 この名曲でも1位ではない…。
 原作となったマンガ「私立成崎学園」の「wish」という話は、本当にいい話なのでもう、とてもいいんですよ。(語彙)

 今回の「wish」を聴いていると、本当に違和感がなく、こう…。
 こちらが原曲で、日本語訳をしたものが「私立成崎学園」に収録されていたんでしたっけ、と、錯覚してしまいます。

 作詞者泣かせの曲でしたよね。この「wish」ではないのですが、別の曲で作曲担当の方が「できない…」と悩んでいるのを、イベント会場で見掛けました。確か、あれは2000年頃のサンシャインクリエイションだったと思うのですが…。

 英語だと、こんなにしっくり来るんですね…。なるほど…。


KDR-101-03 勉強のうた

 この曲、まずもって「作詞も」、オーギュスト棒先生なのが驚きです。
 どうしてこういう歌詞を書けるのでしょう…。作詞作曲が同じ人なので…表現の幅も広がるという感じがします。そもそも、もしも曲が先にできていたら、途中でハレルヤコーラスが入ってこないような気もします。その点、奇跡の一曲です。

 KDR-013「永阪結里の100問100答」に収録されています。
 わたしが最初に買った、オーギュスト棒先生のCDです。
 最初にこれを買ってしまうと、もう、逃げられないよね…というような感じで、ガッチリ心を掴まれました。無理ですよ、逃れるなんて。

 1999年に恐怖の大王が舞い降りた、というコミカルなクイズが入っているCDで…このクイズの音響も全部やってるんだ…と思うと、いま、改めて尊敬します…。

 ところでこのCDに入っているクイズ、結構簡単のような、難しいような、です。
 もちろん、疑義問もありますよ!

問13 日本で一番長い川は?

正答例 信濃川

 これ、もちろん千曲川でもいけると思うし…。だめ?

 歌詞の中の「吟遊詩人になるって」というのが…なんていうんでしょう。いま思うと、オーギュスト棒先生の、将来に対する強い決意だったのかな、と思います…。
 オーギュスト棒先生は、プロのミュージシャンになって、かなり長いですよね…。この曲が決意だったのか! と思わされて…。

 ハレルヤコーラスも心地よい、本当に名曲なんです。
 令和に新バージョンを聴けるなんて、生きてみるものです。


KDR-101-04 悟

 21世紀になってから、この曲のニューバージョンが出るとは思わなかったです。本当に、当時の自分に教えてあげたい。びっくりすることでしょう…。

 KDR-011「メイド少年」の曲です。このCDは、通称「メ少」と呼ばれていました…。
 なんか、ちょっとエロなんですが、なんていうか、一瞬の儚さと美しさが…あああああ! とてもいいんですよ。なんていうか最高です。オーギュスト棒先生の世界観が全面に出ていて…とてもよい…。

 1999年5月5日の発売、ということは…。頒布されたイベント、恐らくはショタケットか何かだったのではないかと推察されます…。仮にショタケットだったとすると、川崎市の新百合トウェンティワンホールだった、ということになります。
 …行きたかったですねえ…。その日、わたしは…前日までのイベント参加でダウンして寝ていました。せっかく当時東京に居たのに。

 この曲も、オーギュスト棒先生の作詞なんですよね。
 嘘みたいにガッチリした世界観。読み方の難しい漢字が多数。もう…とてもいいんですよね。
 晩秋の野山をぼんやり歩きながら、この曲を口ずさんだことがありました。恐ろしいくらいにハマります。びっくり。本当にもう。いよいよ寒くなってきた頃がお勧めです。

 そして、この辺りにこそ、現在のlove solfege、そしてクラシカルアートポップスに通じているものを色濃く感じます。もう、本当にクラシカルでアートでポップスなんですよ! 本当に!

 メ少の話をしてもしょうがないのですが、なんていうか、21世紀の、令和の時代になって、本当に…新しくなってよかったです。
 この曲の最後の歌詞の部分の若干のためらいが、わざとらしくなく、曲の中で非常にうまく昇華されていて、すごくいいですよね。わたしは救われました。


KDR-101-05 Fight!

 この曲の初出は…KDR-006「聖ルイス女学園卓球部!」でした。
 1998年の夏コミ(1998/8/16)ですね…。もはや、本当に昔のこと。まだ生まれていないよ! という方が居るような気もします…。大変です。

 当時のサークル「noki-ろっく」でいうと、「第2期noki-ろっく」の華々しいスタートだったのではないでしょうか。プレスCDに、分厚いブックレットが付いていました。本当に面白かった…。

 当時の「聖ルイス女学園卓球部!」のブックレットには「Fight! ~小泉ぽん子のテーマ」という記載がされています。ドラマCDでしたもの、面白かったです。ラップがよかったんですよ…? とか、余計なことを書くと多くの方に余計な詮索をされそうですので、やめましょうか…。

 オーギュスト棒先生の解説にありますように、この当時のプレスCDで、この曲の途中に音飛びがあるのです。恐らくは、プレスをする前のマスターを作成する際のミス…。そもそも、プレスCDはとんでもないお金が掛かるので直せないし…。大変だったのではないかな、と思います。

 この次のCDの、KDR-007「いつか大きくなったら」の中で「音飛びがありました」というお詫びがあり、そして「Fight! (R Version)」というリミックス版が収録されていました。
 個人的には、もとのバージョンの音飛びなしの「Fight!」も収録してほしかったなあ…と思うのですが、色々事情もあったのでしょう…。

 本当に、キャッチーでいいんです、この曲。とってもいいです。ああ、この! この感じ! という何とも言えない懐かしさと、新しさ。もちろん今回のバージョンには、音飛びが一切ありません。ご安心ください。でも、当時音飛びがあった箇所を通過する度にドキッとするんです。今も昔も聴きすぎでしょうか。
 いい時代になりましたが、知らない間にCDの時代が終わっているような気もします。


KDR-101-06 AUTUMN BREATH ‘24

 この曲もですね、KDR-013「永阪結里の100問100答」に収録されています。
 このCDは、いい曲ばっかり入っているのに、クイズがやたらと面白いんですよ…どうにもこうにも…。

 でも、その面白さとは別として、この曲のオシャレな感じがありました。
 今風にいうと、シティポップと言いましょうか…。いいと思います。

 今でこそシティポップなんでしょうけれども、この曲を1999年に書く、というのは、やはり有り得ないような気がするんですよね…。改めて聴いてみますと、どう考えても今のlove solfegeにつながってくる予兆を強く感じます。
 やはり、同じ人が作っているんだなあ…という感じ。当たり前ですけれどもね。

 こう…おしゃれな秋はあのあたりからやってくるのかな、という気はします。この頃のオーギュスト棒先生は、たしか…都内在住ではなかったような気がしますし…。横浜市でしたっけ…。
 横浜市、という語彙を追加するだけで、この、ほとばしる都会感。アーバンな感じですよ。いいですよね。おしゃれ曲を書くためには、おしゃれなところを歩かないとね、という感じです。

 それにしても、この…音符が長いですよね。ひたすら伸ばす。言われてみると気になってしまいます…。終わり! というタイミングで音符が長いので、地獄です。
 歌いやすそうに思えるのですが、この伸ばすところで息が続かなくなる予感もします。どうしましょう。


 力尽きてきたので、昔のトラックを取り上げていきましょう。


KDR-101-08 世紀末のお子さま~ next Century

 「世紀末のお子様」という曲が最初に世に出たのは、1997年5月3日。
 …。当時はまだ「M3」というイベントが始まる前でしたので、おそらく、何らかの別の即売会で…? と思います。「こどものおもちゃ」の二次創作のCDだった、という伝説が残っています。

 さすがにわたしも、KDR-001については現物を持っていません。1997年当時、もうCD-Rがあった、ということになりますね…。
 そもそもわたしなんか、リアルタイムではKDR-013から入った新参者でございますから…。

 でも、過去に出た「世紀末のお子様」をまとめることはできそうです。カラオケバージョンを除いて、音楽CDをピックアップします。

KDR-001-09 世紀末のお子様 1997/5/3
KDR-010-01 世紀末のお子様'99 1999/4/18
KDR-012-11 世紀末のお子様'99 I-N-U mix 1999/8/13
KDR-021-14 世紀末のお子様∞ -infinity- 2000/12/30
KDR-060-02 世紀末のお子様 "NZstyle" 2006/12/31
KDR-101-08 世紀末のお子さま~ next Century 2024/4/28

 …。
 もっとあったような気がするのですが、わたしの気のせいなのでしょう。前回からもう18年も経っていた…?
 KDR-001のものは結構キーが低く、KDR-101収録のものと比べてキーが5つ下だったような気がします。こうするとね、たぶん歌いやすいですよ!
 あとは、そうですね…。今回から「様」がひらがなになったんですね。時代を感じます。


KDR-101-11 19番目のアエティー

 オーギュスト棒先生の解説に「音符が若いと言われた」旨、書かれていました。
 …そうですかね?

 聴いてみると、確かに…今のオーギュスト棒先生とは違う気がする…。
 明らかに、明確に、若いですね…。びっくりです。

 1985年に作曲された、ということは、当時は昭和60年。
 その年の日本におけるヒット曲を調べてみます。

中森明菜「ミ・アモーレ〔Meu amor é…〕」
C-C-BRomanticが止まらない
安全地帯「悲しみにさよなら」
吉幾三俺ら東京さ行ぐだ
レベッカ「フレンズ」
小林明子「恋におちて -Fall in love-」
岩崎良美「タッチ」
荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」
細川たかし「望郷じょんから」
松田聖子天使のウィンク
チェッカーズ:「ジュリアに傷心」
USA for Africaウィ・アー・ザ・ワールド

 …。この時代に、この曲を? 中学生が??
 ミッシングリンクでは? 未来人?
 それはもう…どこか時代を間違えたような感じすら思い起こさせる…。当時、まだレコードが主流だったでしょうし、そのレコードには「物品税」も掛かっていたはず…。で、消費税はなかった。
 時代…。

 アルバムのクロージングとしても、見事な曲で…。いや、でも中学生がこういうのを書けるんだったら、そりゃプロになるべきですし、なって本当によかった…安心した…と思います…。


余談

 KDR-004「ホワイトロリータ」など、KDRの番号の中では欠番になっているCDが多いようなんです。ホワイトロリータは企画を立てて曲も作ったけれども、1枚のCDにならなかった…ような話を聞いたことがあります。

 KDR-009も欠番です。恐らく何らかの企画があったのでしょう。その都度起番されているはずですから。

 オーギュスト棒先生の笑い声が最高なので、今後はまた「love天」を復活してほしいのですが、難しいでしょうか。


まとめ

 若い方も、お年を召した方も、安心して楽しめる「love solfege」。素晴らしいですよ! 皆様もぜひお聴きください。

 

KDR-100〜102『The Centenary』届きました

 土曜日に、love solfegeさまのクラウドファンディングのお品ものが届きました。
 はやる思いを抑えきれずに聴いてしまい、箱の写真は…これから撮ることにしますね。

 わたしにとって、love solfegeさま、そしてオーギュスト棒先生はまさに生きる指針であり、この曲を聴いていなかったら今頃命はないんじゃないかな、ということを誇張なく思うほどです。
 日頃からわたしは「無趣味な人間になってしまった」と言っていますが、結局、「趣味:KDR」というかんじです。KDRというのは、オーギュスト棒先生の出したCDの型番ですね。今回のクラウドファンディングのお品ものは、KDR-100,KDR-101,KDR-102になっています。

 100超えてるのか…。(いまさら驚き)

 改めて思い出すと、わたしが最初にオーギュスト棒先生のCDを買ったのは、M3-1999秋、です。場所は「東京卸商センター3F」。行きました。もう、この施設はないのではないかな…。
 M3自体も4回目の開催でした。次回の開催がM3-2024秋ですね…。わたしも年齢を重ねるわけです。

 その会場で気になって手に取ったCDが、当時の「noki-ろっく」という同人サークル様のCDでした。面白そうだな、と思っただけなのですが…。
 既に、そのCDには色々入っているのですよ。

「勉強のうた」KDR-013-02
「AUTUMN BREATH」KDR-013-07

 こちらが、新しくなって今回のクラウドファンディングのCDに収録されています。

「勉強のうた」KDR-013-02 → KDR-101-03
「AUTUMN BREATH '24」KDR-013-07 → KDR-101-06

 もう、本当に、あの時あのCDを買ってしまったのは運命だとしか思えないんです。わたしの中で25年の時を経て蘇る…あのメロディー。あの頃のわたし。あの頃の記憶…。ああああ…。

 わたしにもう少し金銭的な余力があれば、いくらでもクラウドファンディングにお金を出したんですが、こんなに貧乏になるとは思っていなかったので…、本当に申し訳ないというか、そういう感じです。はたくだけの全財産もなかった。

 今回のCDを聴いて、本当に、ああ、生きていてよかったのかもしれない、と思いました。クラウドファンディングのお品ものが届くまでは何とか生きていよう、と思ってたのですが、なんとか叶ってよかった…。一時期ダメかと思ったけど、なんとかなりました。

 このCDですが、クラウドファンディングの方だけに贈られる…ものではなくて、今後、一般の方向けに頒布されますので、是非チェックしてください。
 あの頃の「noki-ろっく」の曲が入っています…びっくりです…。びっくり…。嘘だと思いましたもの。聴いたら入ってるんですよ…。楽曲解説もあって…。

 改めて、音楽の持つ力を強く感じるとともに、わたしも何かもうちょっと頑張ろう、と思った次第でした。本当に有り難かった。生きてます。ありがとうございます。

 そして…願わくば、あのころのわたしのような若い方に聴いていただいて、衝撃を受けていただきたい。あなたの人生の伴侶になる曲があると思いますよ。
 たぶん、20年とかそのくらい経っても色褪せない思いをお求めください。

 

love solfege

lovesolfege.net

 

つかれてる

 ずっと生きていてもずっとこんな感じなんだろうか、と思ってしまうと、もう生きる気力がないです。
 なんかもう、これがずっと続くというのは地獄以外のなにものでもない…という感じです。他の人はどうやって正気を保って生きているんでしょうねえ…。

 穏やかに生きていくのもできないし、どうしたらいいのか…。わからないです。

 やはり、精神的に追い詰められていることに変わりはない感じ。
 入院したいんですけれども…とか言っても、入院させてくれるかどうかは分からないし、そもそも入院の費用はどうやっても出ないんじゃないでしょうか。
 どうしましょうか…。

 何もかも面倒なのです。
 もう、すべてが手遅れですねえ…。
 つかれちゃった…。

 

普通がわからない

 今日は精神的に持ち直しています。

 しかし、昨日は危うかった気がしますね……。生きていけないのではないか、と思っていました。

 でもね。冷静に物事と現実を見つめると、そもそも、生きていけないのに、何でいま生きているのか……? というふうにも思います。現実を見つめる、という行為は憂鬱になる、ということなんでしょうか。

 普通の人がどういうことを考えているのか、もうわかりません。
 長年、うつを患っていますと、正常な思考がどういうものなのか、もうわからない…。本当に謎です。

 普通の人とずっと一緒に居られるような人間だったら、こんな鬱にはならないと思うのです。そういうのができないから憂鬱なんでしょうね。
 誰からも大切に思われていないような、そんな感じ…。

 仕方ないですねえ…。

 でも、これがあと何年も続くのか、と思うと、もうやっていけない…。

 

仕方ない

 わたしは、一生この憂鬱を抱えて生きていかないといけないのか…
 そう思うと、もう、無理かな~と思います。

 人生で一番悪かった頃の精神状態に近くなってきました。どうしましょうか。
 いや、もう、どうもしないでしょうね。
 何とも言えない、嫌な感じがしています。

 まあ、仕方無いといえば仕方ないのでしょう…。

 

その時はその時かな

 わたし自身、暑さでやられているのか、他の体調不良があるのか、分からない状態になっています。
 エアコンをつけて涼むと異常なくらいに眠いので、やはり暑さで参っている、という部分はあると思います。まだ6月なのに真夏並みの暑さだそうです。

 でも、それだけか? 分かりません…。
 なんとなく、形容できない体調の悪さがあるんですよね…なんて言えばいいものか…。難しいですねえ…。
 なんか、どことなく体調が悪いんです、
 でも、病院に行って「なんか、どっかおかしい」と言っても治してくれないわけですから…ねえ。

 だるい…? だるさ…? いや、いつもだるいかな…。
 眠い…? いつも眠いかな。

 もう、分からなくなっています。
 やはり問題の切り分けは難しかったか…。そう思います。
 たぶん気持ちが休まっていないのが一番なので…どうしましょうか…。難しいですね。穏やかな日々を過ごしたい。無理ですね。はい。

 最近、劇症型溶血性レンサ球菌とか、人食いバクテリアとか、そういうものが流行しているようです。体調不良の後で手足が腫れたと思ったら、あっという間に手遅れになっているという…。
 これは…。
 わたしが、かかりそう…。

 気をつけますけれども、気をつけても限度があるし、気をつけただけで流行がストップするようにも思えないんです。
 まあ、でも…。
 その時はその時かな、と…思います。わたしは十分に生きたのではないか。

 

抜け殻の日々を生きる

 今日(6月11日)に、起こった出来事。

 仕事中、出先で「休みなさい」と諭される

 以上です。さーて、来週は?(ないかも)

 このくらい体調を崩していたような、何とも言えない感じだったのですが、ようやく治りつつあります…と書いたところでお腹が痛くなっているのですが、気のせいではなかった…どうにもこうにも…。
 なんか、もうちょっといいことがあるといいなあ、と思っています。どうにもこうにも…。
 なにかいいこと、頼みますね。

 本当に最近は抜け殻のような毎日です。
 心の中が抜け殻になっているかのようで、全てが空虚です。生きること、何をするにしても、全てが空虚で…。
 おかしいですね…。
 だいぶこう、憂鬱が深いような感じです。
 でも、誰かがどうにかしてくれるわけでもないですし、諦めていますよ。ええ。もう、どうしようもないのです。

 だからまあ、なおさら何かやらないといけないのですが、もう、そんな気力はないのです。どうにもこうにも…。
 安心して暮らすことももうできないんだろうな、と思っています。

 薬をしっかり飲んでいますが、それでも2日に1回は眠れない感じが続いています。わたしは48時間サイクルで生きているのでしょうか。