ヨシミ22歳のいい曲100 その94 「防人の詩」/さだまさし

 今日は、こちらです。

防人の詩」/さだまさし
作詩・作曲:さだまさし
1980

 わたしなんか、ぜんぜん、こう…。さだまさしさんのにわかファンなのですが…。
 超名曲です…。
 すごいです…。

 すごく、こう…。
 なんでこんな曲を作ってしまうんだろう、という、尊敬と驚きです…。

 みなさん、ご承知かも知れませんが…。
 一定程度のフォーマットを作りやすい、というのがこの歌詞の特徴でしてね…。
 昔どこかで見たものは…。

HDDは死にますか SSDは死にますか

 これ、本当に多くの人が思っていることなんじゃ亡いかな、と思って…。
 要は、単に「永遠がない」という、それだけの言葉で片づけてしまいがちのことなのですが…。
 この歌詞のフォーマットに載せるだけで、不思議と…。
 感傷と苦悩を伴うわけです。

 なんて言うんでしょうね…。すごいですねえ…。

 曲が悲しいとか、そういうことを言われがちのさださんなんですけれども…。
 よーく考えると、とても普遍的な…。誰もが日常に抱えているような、そんな悲しみがある…。そう思います。
 だから、「CDは死にますか、DVDは死にますか」みたいに、しっくり合うフォーマットなんでしょうね…。

 …。
 替え歌、怒られないといいのですが。

 

ヨシミ22歳のいい曲100 その93 「東京」/いきものがかり

 今日は、こちらです。

「東京」/いきものがかり
作詞・作曲:吉岡聖恵
2013

 この曲を取り上げようとして、とりあえずネタ帳に「東京」とだけ書いておいたんです。
 その後…見返して…。
「誰の、東京?」
 と思ってしまって…。
 どうにもこうにも…。

 そんなわけで、今日は「いきものがかり」の「東京」です。
 美しい三連のバラードです。とても、こう…心をえぐられるような、そんな感じはしますねえ…。

 いきものがかりは、海老名とか、厚木とか…。
 青森県からすれば「海老名も厚木も東京」と思ってしまうんですが、やっぱり、こう…。電車で1時間とか、そういう時間を要するんですよね?
 なので、やっぱり、あの神奈川県央にいても「上京」というニュアンスはあるんだなあ~、と。この曲に関係があるのかないのかわからないことを思っていました。

 実際、海老名も厚木も遠かった…。
 新宿からうっかり準急に乗ってしまったら、いくら乗っても本厚木に着かないんです。どうにもこうにも…。

 今はもう、海老名が大都会になったようで驚きです。
 わたしが行った昔(1998年)は、海老名の駅に降りた瞬間に、甘太郎の看板が、ドーンと見えて…。
 (海老名の甘太郎、閉店したって本当でしょうか。どうにもこうにも…。)

 その後(1999年頃~)、いきものがかりが路上ライブというか、駅前でライブをして…。
 すごいですねえ、ええ。

 わたしは、逆に「海老名」とか、そういう曲を書くべきなのでしょうか。「本厚木」は…書いた…どうにもこうにも…。

 

ヨシミ22歳のいい曲100 その92 「眠れない夜を抱いて」/ZARD

 今日は、こちらです。

眠れない夜を抱いて」/ZARD
作詞:坂井泉水/作曲:織田哲郎
1992

 1992年なので…。
 えええ…。
 この曲、もう30年も前の…!!

 時の流れに驚かされます…。どうにもこうにも…。
 ええ、これ、平成4年の曲ですものねえ…。
 いまは令和4年でしょう…。
 …。
 わたしも、トシを取るわけだ…。

 そんな訳で、眠れない夜に聴きたい曲なんですけれども…。
 なんか、いろんなものが過ぎ去ったなあ、というか、そんな気がします…。
 Bメロの転調も心地よく、いろいろと、ねえ…。
 眠れない夜に、この曲が頭に響いてくると…眠れそうですけれどもねえ…。

 この曲はZARDのブレイク前の…と言う方もいるんですけれども、実際にけっこう流行ったような気がするのでねえ…。
 いい曲ですからねえ…。

 この曲、ミュージックステーションで生放送を見た記憶が、うっすらあるんですが…。
 やっぱりもう30年前。あやふやです。
 どうにもこうにも…。時の流れ…。

 夜は、寝るとしあわせです。
 ええ、寝られれば。
 そうも行かないけれども…。ねえ…。

 

ヨシミ22歳のいい曲100 その91 「名古屋はええよ!やっとかめ」/つボイノリオ

 今日は、こちらです。

「名古屋はええよ!やっとかめ」/つボイノリオ
作詞・作曲:山本正之
1985

 …。
 曲の持つパワーがすごすぎる…。
 パワーがありすぎて、ご当地ソングであることを忘れる…。
 どうにもこうにも…。

 まあ、まずWikipediaでも読んでみて…

ja.wikipedia.org

 ふむふむ。

曲に登場する項目

 この項目が…
 過剰に詳しすぎる…。
 どうにもこうにも…。

 でね。
 ご当地ソングかくあるべし、という見本なんです。
 本当に上手く出来ているんです。
 恐らくは、この曲の「考え方」に沿って作るだけで、ご当地ソングを量産できるのではないか、と思っています。
 そのくらい、とっても上手く出来ています…。この曲は魂の叫びですねえ…。

 カラオケでこの曲を歌うと…。
 …。
 「どこで覚えたんですか?」
 と言われます。
 まあ…わたしの場合は「あっ超ー」というベスト盤なんですけれども…。有名な曲では、「金太の

 …。
 話が逸れる前に、ここで打ち切ります!
 どうにもこうにも!!
 書いたあとでだいぶ消した!!!!
 まったくまったく!!!!

 

ヨシミ22歳のいい曲100 その90 「M」/プリンセス プリンセス

 今日は、こちらです。

「M」/プリンセス プリンセス
作詞:富田京子/作曲:奥居香
1989

 …。
 前回とワンセットですよね。
 「Diamonds」の、カップリング曲です。
 というか、1989年の段階では、CDの他にレコードもカセットも出ていましたので…。
 「B面」ですねえ、ええ…。
 裏返す、というその行為がとてもいいですよね。無駄もないし…とてもいい…。

 というか、こんなにも有名な曲が、カップリング…。
 恐ろしい…。どうにもこうにも…。

 3連バラードの失恋ソングとしては、あまりにもすごいんです。
 びっくりです。
 なんでこういう曲を書けるんでしょう…。どうにもこうにも…。
 しかも、先述の通り、平成元年に。

 …う~ん。
 すごいなあ…。どうにもこうにも…。

 今から何年前?
 …。
 33年前????
 びっくりです。

ja.wikipedia.org

 曲解説のほう、「M」の方が長く書いてある…。
 カバーしたアーティストも、多い…。
 …。
 たしかに、Mはとてもいい曲です。ええ。

 色々と懐かしい…。

 

ヨシミ22歳のいい曲100 その89 「Diamonds」/プリンセス プリンセス

 今日は、こちらです。

「Diamonds」/プリンセス プリンセス
作詞:中山加奈子/作曲:奥居香
1989

 いやあ、モータウン系の曲といえば、これ!
 最高ですよねえ…。
 しかもサビに、半音ずつ下がっていく進行(クリシェ)もありますよ!
 もう、上手いところを押さえている。どうにもこうにも。

 作詞をするに際し、色々と考えながら詞を書く人がいます。
 今だと、どうしても歌詞に「LINEの既読が」とか、入れたがる人がいたり。
 そんな時、「歌詞に『LINE』というフレーズが入るとはなにごとだ!」「そんな言葉が30年後に今と同じ使われ方をされているはずがない!」というふうに、長年変わらない言葉を選ぶ人もいますけれども…。
 まあ、まあ。
 いいじゃないですか…。
 そういうわけで、これを踏まえてWikipediaからの引用です。

ja.wikipedia.org

 こちらによりますと、

歌詞に出てくる「針」というのは、当時まだ使われていたアナログレコードの針のことである。「ブラウン管」は、テレビのことである。

 まあ、解説しないとわかりませんものね…。
 でも、こうやって時代を切り取ることこそ重要だと思うんですよ!!
 音楽というものは、時代の空気を後世に伝えるものだと思いますし!!!!

 そんな感じで、こういう風に昔のことを書いていると、昔に詳しい方が色々と当時のことを研究してたりします。それがわかります。
 例えば、バーチャル平成少年のしょうた11歳さんなんか、お詳しそうですね。

shotavni.starfree.jp

 しょうた11歳さんは「この曲は、ぼくが生まれる前の、昭和の曲だから…」と言って逃げそうな感じですけれども、

リリース 1989年4月21日

 平成です!!!! 平成元年!!!!

 平成って、思うよりも長いですね。ええ。
 なお、LINEが出来たのも平成です(平成23年)。

 

ヨシミ22歳のいい曲100 その88 「ありがとう…」/KOKIA

 今日は、こちらです。

「ありがとう…」/KOKIA
作詞・作曲:KOKIA
1999

 あああああ…。
 どうにもこうにも…。

 昔やったことがある企画「ザ・ヨシミテン」の、「鬱ソングベスト10」の…
 何位でしたっけ…
 相当上位だったような…

 1位

 ですねえ、ええ…。
 うーん…。

 ものっっすごくいい曲なんです。
 とってもいい。
 すごくこう、芸術的で、儚く、そしてありがとう、なんです。

 でも、鬱…。

 いまは11月。
 こうやってこの時期、日が出ている時間帯が短くなってきますから…。
 太陽に当たる時間が短くなりますとねえ…。
 憂鬱を感じることが多くなりますよねえ…。
 どうにもこうにも…。

 まあ…
 曲はどこかにあるでしょう。
 歌詞を味わっていただきたい。

www.uta-net.com

 ああもう…。
 どうにもこうにも…。
 ああああ…。