あの人デー 44

 仮に…。
 あの人が今も元気に生きていたとして、何歳?
 …。

 44歳!!!!!

 ちょっと腰が抜けそうになりました。ヨシミ22歳と申します。どうにもこうにも…。
 とんでもない未来に来てしまった予感がします。どうしましょう。

 わたしが望んでいた未来、というのは…。
 何も困ることもなく…精神的にも物質的にも栄えていて…穏やかで、近未来的なテクノロジーにギュンギュン来る、という感じだったんです。

 いまは…。
 懐も思考も貧困で、世の中が超絶行き詰まっているじゃないですか。
 どうするんでしょう。こんなはずでは。

 あらゆることがどうでもいいような気がする…。

 そういうわけで、わたしは今後もだらだらと生きていくのでしょう。どうにもこうにも。
 でも永遠に生きる訳もないし、いつまで続くことか。
 色々考えないといけませんねえ…。

 

ちゆデー 2024

 本日、

 です。

 ちゆ12歳さんのホームページの存在を初めて知ったのは、大阪に遊びに行った時のことでした。
 ですから…。
 (調べる)
 2001年3月16日のことだったと思われます。
 正確にいうと、噂レベルでは存じ上げていたものの、はっきりしっかり読んだのがこの日、ブックマークに入れたのがこの頃、ということになります。

 あれから…。
 23年。
 ヨシミ22歳と申します。どうにもこうにも。

 あの頃のわたしは世の中もなあんにも知らなかったし、色々と精神的に病みまくっていてとんでもない事になっていたはずです。今も病んでいますがね!
 そんな中で、確かにちゆ12歳さんは面白かったんです。助かった。
 その後、わたしもパロディ的なものでバーチャルネットアイドル的なものをやらせていただいて、いくばくかの精神安定になったところです。ありがたいものです。

 色々思い出そうとしましたが、あの頃を思い出すことはやめておきます…。また鬱になる…。
 本当によく生き延びたとは思っています。
 もっとも、今もよく生き延びている、とは思いますけど。

 

バーチャルネットアイドル・ちゆ12歳

tiyu.to

 ありがとうございます。

よっきゅん迭立(躁と鬱が)

 わたしですね、あんまり本を読まないんですよね。
 ちゃんとした本を1ページ目から最終ページまで順番に読むことができない性格、といいますか。
 なので…例えば、はむばね先生の書いた小説を買ってきますと、あとがきから読んじゃうんです。するとですね、それを予期していたはむばね先生は
 以降ネタバレなのでやめておきましょう。

 仕事でつかう本も、むかしの参考書も、事典代わりにして「わかんないところを引く」という読み方が多いし、多かった記憶です。
 だから、わたしは「ヨシミ年表」みたいな同人誌を作っちゃったんですよね…どうにもこうにも…。もうあれが出てから12年。どうにもこうにも。

 この読み方だと、どう考えても物語や小説をちゃんと読めないんですよ。推理小説なんか絶対ダメ。
 逆に、なんかの解説書なんか、本当に有り難く使っています。

 「バーチャル青森栄枯盛衰」みたいな本を私が書いたとして、その中身は、限りなくこう、年表に近い形になるんでしょうね…。まずは両統迭立のあたりから、淡々と時系列を書いていかないといけません…。たいへんそう。

 そんなこんなで、あれですよ。
 こんなわたしに、なんか書いて欲しい書籍のアイデアがありましたら、こっそり教えてください。参考にさせていただきます…。

 もう、これからの人生、何かをする時間をつくると決めました…。

 

ちゃんと休んでいますよ

 色んな人から「いいから休め」と言われて、今日は休んでいるよっきゅんよ。
 どうにもこうにも…。
 この年齢になってくると、もう体調もコントロールが難しくなってきますね…。22歳を続けて、今年で何年…?
 22年…!?
 もうやめましょう、こういう話…どうにもこうにも…。

 そんな感じで、相変わらずです。
 音楽の才能がなんとな~く枯渇したので、最新のソフトウエアを揃えることもなく、ぼんやりしています。
 ただ、文字を打ち込むエディターとかワープロとかはあるので、文字を書く何らかの趣味を開拓した方がよさそうです。
 なんかないかな…。
 …。
 あんまりなさそうですね…。小説苦手。

 なんでしょ…。
 まずは時間を捻出してですね…。
 でもほら、物書きで生きていけるほど世の中は甘くないですから…。
 うーん…。

 

それはそれ

 わたし、長らく座右の銘なんてものを持っていなかったんです。
 なので、「座右の銘は?」と聞かれたとき、「1.0くらいです」とか、そういう受け答えでごまかしていました。

 でも、今年ようやくいい感じの座右の銘と巡り逢えました。

それはそれ

 こちらです。
 本当にいい言葉です…。
 なんていい言葉なんでしょう…!!!!

 というわけで、今年はこの座右の銘で頑張って参ります。

 要するに「一貫性に拘泥することなく、むしろ矛盾せよ」という意味です。
 物は言い様。

 

ポインティングデバイスが飛んで行く

 あのですね。
 久しぶりに、世の中に物申したいんです。

 パソコンであれこれやる時、日常的にマウスを使っているのですが…。
 まずもって、マウスを月1で吹っ飛ばしてしまいます。
 どうにもこうにも。

 どうすれば吹っ飛ばさなくて済むのか。あれこれ考えてみますと…。
 マウスが無線マウスなのがいけない。
 有線マウスだったら、吹っ飛ばされる度合いが適度にとどまるのではないか、と思います。

 ところがね、いま、この世の中、有線マウスは「ゲーミング」とかそういう感じになって、一周回ってお値段がお高いんですよ! どうにもこうにも。
 ワイヤレスの方がお値段が安いこともある。おかしい…。

 トラックボールの方が、色々いいかもしれない…。
 そう思ったんですが、やっぱりお値段的なもの、そして操作の慣れに掛かる時間を考えると…うーん。
 親指の付け根の関節を昔から傷めている私としては、まんなかにボールがあるといいですね、とか考えると、選択肢があんまりない。

 というわけで…。
 もうちょっといい感じのポインティングデバイスが開発されればいいのにな~
 とか思ってます。
 未来的なやつ。21世紀を感じるやつを…。もう四半世紀経ちますよ…?