むむう

 むう。
 うーん、うーん…。
 何か、ここのブログに書くべきこと…。なんでしたっけね…。
 いつも忘れてしまいます。さっきまで覚えていたはずなのにね…。どうにもこうにも…。
 そんな感じ。これはよくない、どうにもこうにも。

 でも、わたしは何を書こうと思ったんでしたっけね…。
 …。
 うーん。(ループする)

 

 さいきん、思ったんですけれどもね。
(唐突に)
 AWSとか、そういう感じのものをマスターしたほうがいいような気がして…。
 一介のコンシューマーユーザーですけれども、もしかして、高いけど便利なのでは? と思ってしまう。
 でも、すごくめんどくさいらしいですね…。どうにもこうにも…。
 NASの買い換えから始めなければならないか…。

 どうにもこうにも…。

 「できるシリーズ」から、「できるAWS」という書籍は出ていますか…?

 

どうにもこうにも

 最近、精神的に参ってしまって…。
 どうにもこうにも…。
 自分の受け答え一つとってもおかしいし…。
 どうしたらいいんだろう、と思っています。

 もう少し、自分の好きなように生きられたらなあ、と思うのですが…。なかなか、難しいですね…。
 どうしたものか…。

 色々考えていますけれども…。
 もしかすると、またブログをしばらくお休みかな、と思っております。
 少なくともSNSとは距離を置きたい感じでいます。
 どうにもこうにも。

 

いろいろ

 なんか、色々なんですよねえ…。
 …。
 昔の自分は、よくも、こんなにも色んなものを作ったもんだ!
 …と、思います。どうにもこうにも…。
 もうなんにも作れなくなったような、そんな感じ…。

 時間がないというか、それよりもむしろ、気力がないというか。
 いやいや、ないのはインスピレーションでしょう、とか、そういうことを思いますが…。
 年齢を重ねるって恐ろしい、と、思います…。

 そんな感じで、わたしも、どんどん色んなものが作れなくなっていく…。
 こわい…。
 どうにもこうにも…。

 なんとか、どうにかして色々なことをやりたいものです。
 はい。

 

どうしよっかな

 ここのブログ、単なるわたしの日記のようなものなんですけれどもね…。
 もう少し具体的に書きたいところですが、色々な事情からそういうわけにもいかない…。
 どうにもこうにも…。

 という感じです。

 なのでまあ、このブログの在り方について色々考えているんです。
 昔、いろんな日記を紹介するサイトをしていましたが、その時に強く思ったことがありましてねえ。
 アクセス数と日記の面白さや文献としての価値は、全く関係がない。
 …ということです。
 こんなに誰も読んでいないことになっているサイトなのに、この人の文章はなんて貴重で面白いのだろう! 後世に残さなければ!
 …と、ほぼ週1くらいで思っていました。

 この傾向がすぐに変わったとは思えませんし…。
 今のTwitterでも、そんな感じなのではないでしょうか。
 フォロワーの数とツイートの内容の価値に有意な相関があるのかどうか。ないだろう。それを常に思っているところです。

 そんなわけですので、このブログもどうしよっかな、と悩んでいます。
 どうしよっかな。

 

次は夏休みなのか

 うーん。
 色々と書こうと思ったことはあったんですけれども…。
 それはそれで置いといて…とするしかないですかねえ…。

 なんか、ここのところ、あまり調子がよくなくてですね。
 いろいろ気をつけないといけないですね。ええ。
 あまり色々考えずに、ぼんやりとしていた方がいいでしょうか…。

 さて。
 知らない間に、大型連休も、それに付随した土日も終わってしまいますね…。
 やはり、休みは来るまでが楽しいんだった…。それを痛切に感じています…。どうにもこうにも…。
 次は…夏休みでしょうか。
 それまで生きていられるといいんですけれどもね。

 あとは、五月病に気をつけて生きていきたいと思っています…。手遅れかな…。

 

はやい

 5月も、もう、あっという間にここまで来るんですねえ…。
 はやい…。

 「はやい」とひらがなで打とうとすると、覚えさせた記憶もない「ハヤテのごとく!!」というサジェストを出してくるATOKは、やはりおかしいので課金を辞めようと思います。

 さて。
 連休も終わってしまった…。
 あとは、普通の土日しか残っていない…。
 どうにもこうにも…。
 そんなことを思っています…。ううーん。
 まあ、色々と頑張っていくしかないですねえ…。はい…。

 このブログも、なんかこう、あれですねえ…。
 いろいろ考えないといけないですね。この先を。
 題材はあるけど時間がない、というパターンです。どうにもこうにも。

 

5月4日(+24年)

 あの頃のインターネットを懐かしく思いだしています。
 思い出すのはいいけれども、あの頃のインターネットですよ。わたしのアパートの部屋にはアナログモデムしかなかった頃です。
 なので、あの頃にICQであの人とネット通話をしたなあ…とか、そういう思い出は後年の捏造です。
 記憶が捏造されるくらいには、もう、長い長い時間が経っています。

 24年前の今日は…。
 東京、くもり。
 10時くらいに起きて…。
 アパートの郵便受けを覗くと、同級生から「結婚しました」というハガキが来ていました。当時は5月4日が「国民の休日」だったので郵便物の配達はありました。でも、そのハガキをくれた同級生はもうこの世にいらっしゃらないのでね…。
 そして、アパートの近所のローソンでお昼を買ってきて食べました。あのローソンも、店舗がなくなって久しいのではないでしょうか。歯医者さんになっているはずです。
 そして、早々と13時頃には出掛けた記憶があります。待ち合わせは山手線の駅なので、あまりにも早く出掛けすぎた。ヒマだった記憶があります。わたしは、当時流行っていた「ポケットピカチュウ」を付けていました。
 そして、待ち合わせ時間を10分ほど過ぎたところで…。少し遅れて…。
 インターネット上でしか知らなかったあの人が、改札を抜けてやって来るのです。

 という、ごくありふれた思い出です。

 何もかもが移り変わっていくのです。
 まもなく、その、あの人のお子さんが、当時のあの人の年齢になってくるのではないか。
 1世代。
 そういう時間が経過していきますね…。