[y22] ヨシミ22歳の読み方いろいろ

誰も話を聞いてくれないし、人間なんてもう信じない。

2月23日

 今日はなんの日フッフ~ウ♪

 というわけで、いってみましょう。

1999年2月23日
中の人、アニメ「serial experiments lain」にはまった。

 …。(スペルあってる?)
 まあ、ともかく…。
 あのときにはまっていてよかった、と思います…。(棚に収納している「lain」アニメのリマスターのブルーレイを見ながら)
 lainのプレステのゲームも買ったんですよ。
 …。
 困ったら売る…。
 困ることがないといい…。

2006年2月23日
掲示板的コトバ宇宙「-宙」』が、大規模サーバー障害によりサービスを停止した。

 うーん…。
 2006年まで生き延びていたのは素晴らしいと思うんですけれども、終わり方が…。
 何もかも懐かしい…。
 って、もう覚えている人も少ないんでしょうけれどもね。

2011年2月23日
ヨシミ22歳が、楽曲「5月4日(good days)」の歌詞の制作に着手した。

 ええええ…。もう8年も前の曲なんですか、あれ…。
 音楽を作れなくなって、そのまま時間ばっかり過ぎていきますねえ…。
 「よかったよ よかったよ」って感じの歌詞の曲です。

 

2月22日

 今日はなんの日フッフ~ウ♪

 というわけで、いってみましょう。

2005年2月22日
中の人、11:00に軸氏と青森駅ビルラビナで待ち合わせ。昼食はパスタの「すぱげ亭」。成田本店、シュトラウス、岡田書店、アウガ等を巡回。中の人は15:55の快速で帰宅。

 すぱげ亭…。
 どこでしたっけ…。まだあったかな…。どうにもこうにも…。
 成田本店は、まだ元気で素晴らしい。
 シュトラウスも、心のオアシス、という感じです。
 岡田書店は、残念ながらもう無いです…。
 アウガも、市役所ですね…。
 15:55近辺の時間の快速は、まだ概ねそのスジで残っているはず…。

2010年2月22日
シノザキハルヨシ氏に長男が誕生。

 シノさん、お元気でお過ごしですかねえ?
 また同人誌を出すことになったら、イラストをお願いするかも知れません。
 何十年後かわかりませんが、その際はよろしくお願いします…。
 で。
 もう9歳になるんですね…。ひいい、おめでとうございます!!!!

2012年2月22日
にゃ~こ氏が、後に一大ムーブメントを形成するツイートをした。

『(…娘よ…聞こえますね… いまあなたの心に直接語りかけています… 起きるのです… 起きて学校へ行くのです… 起きて学校へ行くのです… あなたの父は泣いています… あなたの父は泣いていますよ…)
nekomimi_love/にゃ~こ 2012年2月22日 1:55 PM』

  私も色々調べているのですが、「あなたの心に直接語りかける」感じのツイートは、にゃ~こさんのこのツイートよりも前のものを見つけることが出来なかったのです。
 もしかすると創始者の可能性があります…。
 諸説あるのでしょうが…。

 

2月21日

 今日はなんの日フッフ~ウ♪

 というわけで、いってみましょう。

1999年2月21日
中の人、あやめ氏、イインチョー氏と通話。イインチョー氏とは久々。

 思い出すだけで胃が痛い…。どうにもこうにも…。
 この1行だけで、私としては破壊力抜群です。

 一体どういう訳だったのか。
 …。
 詳しく書くと、それだけで病気になってしまう気もしますので…。
 そっと、無かったことにしましょう。ええ。

 

2月20日(乾いた街の冬の終わりに)

※今日は何の日は、お休みです

 今日は、2月20日
 ヨシミ22歳の(設定上の)誕生日となっています。
 おめでとうございます!!!!
 ありがとう~なのぉ~。
 なぜ今日が誕生日なのか? 「ヨシミ22歳」だからですね…。
 …。
 443月22日って、無いですし…。
 そんな感じで、よろしくお願いします。

 

 私は、ハルカトミユキの「17才」という名曲を聴きつつ、アニメを見ていました。
 「色づく世界の明日から」という作品でした。
 とても面白く、興味深く見ていたのです。
 そして、このアニメの登場人物の名前や、世界観について誰かと話をしようと思ったのですが…。もう既に、私にはそのような話が出来る人は居なくなっていました。
 年齢を重ねることって、本当に嫌ですね。仕方のないことだ、というのはわかっているのですが。

 そのようなわけで、あの方も、生きていれば39歳くらいでしょうか。
 いまどこで何をなさっているか、知る術もありません。
 これが時代だなあ、と思ったりもしますが。

 昨年の今日の更新で、私はこんなことを書きました。

適切に管理されているデジタルデータだけは色あせません。
いつかShift_JISが読めなくなる日まで、あのデータは消えること無く存在し続けるのでしょうか。
いずれ、あの出来事の記憶も、私が生きている限り。
なので、これから長いところ続くということもあり得ないでしょうし、意外と早くすべてのデータが消えてしまうものだ、というふうに思っています。

 いつデータが消えるだろう、と思っていましたが…。
 今度ジオシティーズが消滅することにより、本当に、あの「secret eyes.」の音楽データも真の伝説になって、ネットの奥底の塵に戻ることになるんだなあ、と、しみじみ感じているところです。
 それを望むか望まないかは、一切関係がないような、そんな気がしています。
 これから、どこまで行くのでしょう。

 

2月19日

 今日はなんの日フッフ~ウ♪

 というわけで、いってみましょう。

2010年2月19日
中の人が、そら犬氏の事務所「まちなか情報館リコス」を訪問。しかしそら犬氏は留守。

 そら犬さん…。
 もしかすると、中の人がリコスさんのところを訪れたのは、これが最後、だったのかも知れません。
 そら犬さんはこの年の10月に居なくなってしまうので…。
 うーん、寂しいですね。いまも寂しい。

2011年2月19日
むつ市の書店「ナミオカ書店」が移転縮小オープン。「前よりも本が少なくなった」と、中の人は日記に記述。

 うーん、うーん。
 ナミオカ書店、今はもう、ない、というか…。いや、あるんですけれども、一般向けの書店ではないですからね…。
 少なくとも、その当時の場所にはない…。
 残念です…。
 4コママンガの品揃えが絶妙だったのに。

 

2月18日

 今日はなんの日フッフ~ウ♪

 というわけで、いってみましょう。

1999年2月18日
高坂むゆう氏、「Love has gone」を再販準備。この日だけで8枚焼いた、との記述あり。

 当時は、CD-Rを1枚焼くのにもそれ相応の時間が掛かっていましたものね…!
 それにしても、当時配られていたシークレットアイズの1st SCD「Love has gone」。そんなにも人気があったんですかね…?

2001年2月18日
中の人が実家に帰省。寝台特急はくつる号の遅延で遅着(19日)。

 寝台特急! はくつる号!!!!
 何もかも懐かしいですねえ…。

2006年2月18日
ヨシミ22歳、早々とエイプリルフールの素材を準備した旨ブログ「ヨシミ22歳の恋わずらい」に記述。

 …。準備が、早い!
 そして、この頃はまだエイプリルフールが楽しかった頃ですね…。
 いまは全然楽しくないのです。

 

2月17日

 今日はなんの日フッフ~ウ♪

 というわけで、いってみましょう。

1999年2月17日
高坂むゆう氏、Zarame氏に渡す用の歌入れ用CDを制作。「your love」と考えられる。

 ちょうど20年前なんですけれども…。
 そうか、あの曲、20年前の曲なんですね…。しみじみしますね…。
 もう二度とあの時代は戻らないと思います。

 ゆあら~♪

 あの曲を知っている人も減ったと思いますよ!