読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[y22] ヨシミ22歳の過大なトラウマ

誰も話を聞いてくれないし、人間なんてもう信じない。

気遣いなのかな

過去

 以前も書いたと思いますけれども、真実というものはいくつもあるし、事実というものも複数あるんじゃないかと思っております。
 少なくとも、私が様々なことを感じている私目線の事実と、他の人が思っている事実とは異なるのではないかと。
 私に対して様々な人は色々なことを言いますけれども、それは私をおもんばかってのことで、実際に起きたこととは違うのではないかと思います。
 そのあたりについては、私は「ご配慮ありがとうございます」とでも言わないといけないんですけれどもね。
 A氏と知り合うに至ったきっかけを作った、高校時代のお友達のD氏は、けっこうA氏のことを悪くも言いますし、「わすれちゃった」とか、そういうことも言います。具体的にはなかなか書けませんが、最近は「A氏? 誰それ」みたいな感じの言動になってきたように思えます。まあ、D氏も現在は独自の交友関係を持っているので、A氏うんぬんではない時代かもしれませんが…。気を遣われているのか、隠されているのか、はっきりわかりませんね。まあ、仕方ないんじゃないかと思います。
 結局は、気遣いという形で情報戦の一端が垣間見えている、ということも言えなくはないかな、とも思います…。
 D氏と私も、それぞれ忙しくなかなか会うことは出来ませんが、どうなんでしょう。A氏とネット上で色濃く関わっていたD氏が、存在もひっくるめてぜんぶ忘れるのもおかしいかな、と思うのです。

 

 

情報戦

過去

 まあ、私も色々と、ここのブログに書いていますし、ここのブログに限らずに好き勝手色々書いてきましたけれどもね。
 昨日も書きましたけれども、A氏は情報戦が極めてお得意でしたのでね。
 あのままで年数を食っているということになりますと…なお一層のこと、情報戦が非常にお得意、ということになろうかと思います。
 なので、ここのブログを読んで如何様にA氏が動くのか、私にはわかりませんけれどもね…。いずれ、気をつけたほうがいいのかもしれませんね。
 もちろん、こちらとしても様々な情報のアンテナを張っているつもりですけれども、まあ、ものごとには限度がありましょう。そして、私の場合も、このブログに書いていることは、それなりに取捨選択をしている、ということを書き添えておきましょうか。
 皆様、19年前の時点で大変に狡猾でいらっしゃいましたのでね。今、どんなところまで来ているのでしょう。

 そんな感じで、具体的に情報戦の被害に遭った方々のエピソードなんかも持っているのですが、うん…。
 あれこれ書いたところで面倒だし、様々な影響も及ぶ気もするので、黙っていますか。

 

 

ヨシミ22歳スタートアップ時のこと

過去

 2002年にヨシミ22歳のウェブサイトの運営を開始してから、今年で15年になります。
 スタートアップの頃はまるで人気もなかったのですが、様々な方に取り上げていただいてアクセス数も伸び、当時としては、文字ばかりのサイトにしては結構なアクセスがあったんじゃないかな、と思っています。
 しかしながら、人気が出てくると、どういうわけかそのことに対して突っ掛かってくる人もいたわけで。今思うに「あれは何だったのかな」と思うのですが、昨今、色々と思いだしてみて、点と点が線に繋がったように思えます。

 中の人がA氏と激しく対立したのが2000年の3月頃でした。
 その後、私と親しくなった人が、ある日突然離れていく、ということが何度もありましてね。これについては、A氏の関与を認めると説明が容易になるわけです。
 ヨシミ22歳のウェブサイトが脅迫を受けたのも、A氏の関与があったからではないか、と考えるのがごく自然で。当時、まだ2年しか経っていませんからね。
 A氏は、在日韓国人のB氏を鉄砲玉として利用し、私に対して脅迫の文言をネットに掲載した。A氏とB氏を仲介したのは、やはり当時いざこざがあったところの元共通の知人・C氏なのではないか、と思っているところです。
 つまり、私は2002年に何度も何度も警察にこの件を相談しましたけれども、B氏の悪行を述べるにとどまらず、A氏とC氏の関与を更にしっかりと警察に伝えるべきだったのかな、と思えてなりません…。
 他人を利用するのが、皆さん極めてお上手でいらっしゃるのでね。

 その後も長期にわたり、どうやら何かに付けA氏周辺はヨシミ22歳を監視しているおつもりのようですが、まあね。
 私ももう、誰も他人を信用しなくなったので、どうでもいいのです。
 ただ、私のインターネット上での名誉が棄損されていることについてはしっかりと戦わないといけないですね。

 

 

2月20日

うつうつ

 本日より、ブログのタイトルを改めました。
 よろしくお願い致します。
 今後は、少し、昔のことを書いていこうと思います。

 最後にあの方とお目にかかったのは、20世紀の末のことでした。
 それ以来、まったくの音沙汰がありません。私もずいぶんと歳を取って、あの頃の性格にあったカドも取れて、次第に丸くなってきたように思えています。あの頃の私は何だったのか。病的なまでに焦っていたように思えます。
 あの頃の私は何だったのでしょう。

 今でも、あの頃の夢とか、あの頃を発展させて現在に移った夢とか、そういうものをみることがあります。もはや、達観しているところです。
 あの方が夢に出てくるときは、私にとって非常によろしくないときなのでしょう。
 あの方に、夢の中で優しくされるということは、私がなお一層よくないときなのでしょう。
 最近、夢に出てくるあの方は、本当に優しいのです。
 実際に、現実には絶対に有り得ないはずなのに。

 今でも、「今頃みんなICQで楽しく遊んでいるんじゃないか」というふうに思ってしまうことがあります。
 ICQ、久しぶりにログインしてみたら、誰ひとりいませんでした。そういうものですよね。

 この時期になると、あの人の歌ったカラオケの「春~spring~」を聴きたくなります。
 「歌ってみたくなりました」と、掲示板に書かれてから18年。今はどんな曲を歌っているのでしょうか…。

 

 

一区切り

かつかつ

 ああもう、ここのブログは、近々リニューアル…?
 …。リニューアルと言うほどのものでもないか…。
 タイトルの差し替えを行うと思います…。
 特に、「わ! こんなタイトルになったの?」と言われるようなほどのものでもないですし…。
 何らの変わりもないかもしれませんね。
 そのようなわけで…。
 結局、いつも通りなのだと思います。

 ただ、ブログに、少し昔のことを書いていこうと思っています…。それだけ…。

 

雨水(うすい)

うつうつ

 今年の、二十四節気の一つの「雨水」って、いつでしたっけ…。
 …。
 18日?
 今日じゃないですか!

 というわけで、再掲。

雨水(うすい)2015beta | ヨシミ22歳

creofuga.net

 どうぞどうぞ、聴いていってください…。
 季節感って大事ですよね、という話になりますけれども、ええ…。そんな感じです。

 時間と精神的な余裕、加えて金銭的な余裕があれば、もう一度トラックの段階から作り直してみたい、と思っている曲なんですけれどもね。なかなか…難しい…。
 時間も、精神も、お金も、ありません。
 どうにもこうにも…。
 そして、この曲、いまだに人間の歌を載せることを拒んでいる。そんな曲です。我こそは、と思う方は是非…。

 

 

時間が無い

うつうつ

 時間が、ないのです。
 時間はないんですけれども、そろそろ、このブログの行く先について考えないといけませんねえ…。
 どうしましょうか。迷っているところです。
 どうしましょうかねえ…。
 リニューアルするにしてもしないにしても、タイトルを差し替えるにしてもしないにしても、何か考えないと、まずい!
 …。
 おふとんに入って、ゆっくり考えることにしますかね。
 そうしましょうか。
 そうしましょう。

 スヤァ