[y22] ヨシミ22歳の読み方いろいろ

誰も話を聞いてくれないし、人間なんてもう信じない。

どこかに行きたかった

 うひい、もうこんな時間…。
 …という感じで目が覚めない日はないですね。
 寝ている間だけ、時間はあっという間に過ぎますねえ、ということを思っています。
 どうにかなりませんかね…。困りますねえ、ええ…。
 この三連休も、「どこかに行きたかったなあ」とは思うんですけれども、色々ままならないものですね…。どうにもこうにも…。どこかに行きたかったですねえ、ええ…。
 まあ、どこかに行ったところで誰もいないので、いいんですけれどもね…。
 そんな感じでいます…。

 先日アップした小説も、「読まれない」というコンセプトそのまま、存分に読まれていないようなので、作者(わたし)の狙いが当たったような気がします。
 よきかな…。