[y22] ヨシミ22歳の読み方いろいろ

誰も話を聞いてくれないし、人間なんてもう信じない。

離脱したい

 昨日は、「明日は、まとまった感じのいい記事を書くぞー」と思って床につきました。
 朝起きますとね…。
 …。
 その情熱が一切消えているばかりか、どんな内容で記事を書こうとしていたっけ? と忘れてしまっている、そんな感じです…。
 どうしましょう…。困りますねえ…。
 まあ、いつか、好きなことについてまとまった記事を書きたいと思います。いつか。ヒマな時に。

 なんか、毎回こんなときにこんなことを書いて申し訳ないんですけれどもね。
 ヨシミ22歳は、なにかを離脱したいわあ…と思いました。けれども、もう、離脱できるようなものに属していないということにも気付いて、どうにもこうにも、です…。
 もっとも、ヨシミ22歳は独身のまま残留している、とも言えます。

 そういう冗談を言っている場合では無い予感もします…。