[y22] ヨシミ22歳の読み方いろいろ

誰も話を聞いてくれないし、人間なんてもう信じない。

何もやってない

 とても、さむい…。
 寒いですねえ、ええ…。
 まあ、そればっかり言っていられないので、今日もあれこれ考えますけれども!
 うん。
 最近、何もやっていないなあ…としみじみ思います。実際に何もやっていないわけじゃないんですけれども、何もやっていないなあ…としみじみ思っちゃう。
 何がいけないのか。
 何かひとつでも完成していない、というのがいけないんでしょうねえ、ええ…。どうにもこうにも…。でも、完成って何か。完成したら、そこから崩壊が始まるのではないか…とか偉そうなことを言ってみますけれども、出来てないものは出来てないよね、と思います…。

 昨日は、はむばね先生の「欠陥妖怪住宅」という小説Amazonで買いました。
 なんて言うんでしょう。理詰めもきわまって王道をゆく作品のはずなのに、大胆で面白いんですよねえ。
 これでまたゆっくり読めば1か月くらいずーっと楽しめる、と思っています…。
 あと、やはり、小説は、キャラクターがうすぼんやりしているとつまらないのかな、と思いました…。しっかりキャラを立てないといけないのに、ヨシミが書くものはみんな、うすぼんやり…。