[y22] ヨシミ22歳の読み方いろいろ

誰も話を聞いてくれないし、人間なんてもう信じない。

買わずに後悔したぬいぐるみ

 今までのことを振り返ってみますと。
 ぬいぐるみ系のものは、もともと持っている数があまり少ないのです。それなのにかなり愛着が沸く感じで…。「買ってよかった」と思うことのほうが多いのですよ。
 今回の「おかえり園田くん」のぬいぐるみも「ああ~いいわあ~」と思っているので、おそらくこれは後日「なんでこんなものを買ったんだ」とは思わないのでしょうね。
 逆に、ぬいぐるみだと、「なんであの時あのぬいぐるみを買わなかったんだ」と、後悔することのほうが多いように思えます。
 ぬいぐるみを買わなかったことに対する後悔の例としては。
 今から14~15年くらい前に、秋葉原に行きましたところ、アニメイトに「実物大 ちよ父ぬいぐるみ」が売られていたのです。「あずまんが大王」のですね。
 …。こういうのって、そもそも、何をもって「実物大」としているのか、よくわかりませんけれども…。
 とにかく、「欲しい!」と強烈に思いました。
 お値段は、送料込みで1万円くらいだったと記憶しています。持って帰れないくらいには巨大でしたのでね…。
 でも「家のどこに置いておくんだ」と、そういう考えが働いて、買わなかったのです。
 しかし、自宅に帰ると、それなりに鎮座すべき場所はあるという。
 その後、その数ヶ月後に秋葉原に行っても、もう二度と「実物大 ちよ父ぬいぐるみ」を見ることはありませんでした。
 …という、かなしい話です…。
 というわけで、園田くんがうちに来てよかった、と思います…。