[y22] ヨシミ22歳の読み方いろいろ

誰も話を聞いてくれないし、人間なんてもう信じない。

字面とキャラクターの形成

 むお~ん…。

 ブログで簡易なテキストを書いているとはいえ、字面は気にするようにしています。
 もっとも、一部の人が「言霊」とか呼んでいるような、そういうものは気にしていませんがね…。いわゆる「言霊」まで気にしてしまうのは、結局自らの表現力に自信が無いか、または自らの表現に何らかの枷を自ら好んで付けるようなものだ、と思っておりますのでね…。

 そのような感じで、私は敢えて、変な言葉を使ったりしています。って、みんな知っていると思いますけれども…。

むんにょり。
むんにょ~。
もよ~ん。
もよもよ。

 ほんの一例でした。
 字面がよければ、何でもあり、というように思っています。
 声に出しても面白いかも知れませんが、読み上げでも無い限り、このブログを声に出して読む人なんて居ないでしょう…。そういうものです…。
 でも、それでもって、結局は「ヨシミ22歳」という名前のキャラクターが形成されていっているのですよね。それはそれで大変面白い、と思っているところです。